ニキビに種類はないって本当!?ニキビはニキビです!

ニキビには種類があるんでしょ?

ニキビは潰してはダメと聞くけど、つぶしてもいい状態のニキビってあるって本当?

こんな疑問を持つあなたへ

スポンサーリンク

ニキビの症状は大きく分けて4つ

ニキビには、軽い症状から順に白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビと大きく分けて4つの段階があります。ですから、ニキビに種類と言うのはないんですね。ニキビはニキビです。

白ニキビ

白ニキビはニキビの初期段階と言われ、毛穴に皮脂が詰まって、肌表面がぷつぷつとしている状態です。発疹が白~乳白色に見えるため、「白ニキビ」と呼ばれます。

痛みや腫れはなく、まだ炎症を起こしていません。炎症の原因となるアクネ菌がこの時期から増え始めますので、ここで早めにケアすることで炎症を伴う赤ニキビや黄ニキビに進行するのを防ぐことが出来ます。

白ニキビは顔の中ではおでこや口周り、顎にできやすく、顔以外には二の腕や背中などにも発生します。二の腕や背中がぷつぷつしていると言う方は白ニキビが出来ているのかもしれません。

黒ニキビ

黒ニキビは白ニキビが進行し、毛穴から皮脂が肌表面に出てきて、そこに空気中の酸素によって黒く酸化した状態です。

黒ニキビも白ニキビ同様に炎症はないため、痛みはありません。しかし、放置していると赤ニキビや黄ニキビなど炎症をもったニキビに進行するので注意しましょう。

赤ニキビ

黒ニキビがさらに進行、悪化した状態です。毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が増殖し、炎症を起こして赤く腫れあがったり、痒みが出る事もある状態です。皮膚が赤く腫れあがるため「赤ニキビ」と呼ばれます。

炎症を起こした状態なので、痛みがあります。触ったり、無理につぶしたりすると、炎症が広がったり、悪化してニキビ跡になる事があるので注意しましょう。

赤ニキビは、おでこ、鼻、頬、口周り、顎などにできやすいです。

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化した状態です。炎症が進むと、増えたアクネ菌を白血球が退治するため集まります。毛穴の中で戦った白血球の死骸が膿として溜まって大きく腫れた状態です。医学用語で「膿疱(のうほう)」と呼ばれます。

黄色ニキビは、毛穴の皮膚組織を破壊し、真皮までへこんだ状態(クレーター)が残る事があるので、病院での適切な治療をする事をおすすめします。

黄ニキビは頬や髪の毛の生え際、顎などにできやすいです。

どの段階のニキビは潰しても良い?

ニキビが出来ると気になって、触ってしまいますよね。膿がたまっているのを見ると、潰したいって思っちゃいます。でも、基本ニキビは触らない、潰さないが基本だと思っていましたが、実は潰してもよい段階のニキビがあるんですよ。

  • 白ニキビ…潰してもOK
  • 黒ニキビ…痛みがなければ潰してもOK
  • 赤ニキビ…触らない事、潰すのもダメ
  • 黄ニキビ…触らない事、潰すのもダメ

潰してもいいからと言って、爪で無理やり皮脂を押し出すなんて事はしないでください。ニキビの芯を押し出すには、綿棒を使う方法と、コメドプッシャーという専用の機具を使う方法があります。

綿棒を使う場合

お風呂上りなど、皮膚が柔らかい状態で、綿棒2本を使ってニキビを挟んで押し出します。うまく押し出せない場合、無理に押し出すのはやめましょう。

コメドプッシャーを使う場合

角栓取りと呼ばれ、ドラッグストアやネットで購入することが出来ます。コメドプッシャーを押し当てて、出てきた角栓をピンセットで抜きましょう。使う器具は消毒をしておきましょう。

\楽天1位・147冠達成!/ 5本セット 毛穴ケア専用キット

まとめ

ニキビは、体内にたまった老廃物が噴出している状態です。

痛みや後々ニキビ跡を残さないために、ニキビが出来た初期段階から炎症をさせないように対処しておきましょう

また、ニキビが出来ないように肌のターンオーバーを整え、バランスの取れた食事、しっかりと睡眠をとるなど、日頃から規則正しい生活を送りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました