口臭予防が出来る食べ物と飲み物|手軽に対策出来る物は?

口臭に悩んでいます。

口臭が気になって人との会話に集中できません。

普段の食べ物や飲み物で口臭予防はできませんか?

そんなお悩みをお持ちの方へ

スポンサーリンク

口臭予防におすすめの食べ物

口臭を予防するとされる食材はいくつかあります。

昆布

昆布?と思われるかもしれませんが、実は昆布は意外と優秀な口臭予防食材です。
昆布に含まれる成分が口臭を予防してくれます。

どのように食べると良いのか紹介しますね。

まず、たいてい家にあるだし昆布を1cm×2cmの長方形にカットします。
そして、カットしたものを口の中に含むだけ。

その時、噛まずに昆布が溶けてなくなるまでなめて下さい。口の中に物が入っている状態って口臭は気になりませんよね。それは唾液が分泌して、口の中が潤っているからです。時々水やお茶を含むとより効果的です。

ガムや飴でも一緒ではないのか?と思いますが、ガムや飴って匂いがきついですよね。甘い匂いをさせるのは、時と場合によっては厳しいですよね。しかし、昆布の匂いは口の中にいれているからといって昆布臭いという心配はありません。ほのかに香るかもしれませんが、ガムや飴ほど香りもきつくないので、仕事中でも気にせず口に入れておけます。

まだまだ良い所がありますよ。

昆布のうまみ成分「グルタミン酸」はリラックス効果があり、リラックスすることで唾液の分泌がスムーズにいきます。

昆布のねばねば成分「フコイダン」は口の中を保湿剤がわりとして潤すだけでなく、胃の中の食べ物にまとわりつき臭いの発生を防いでくれます。

昆布は低カロリーなのでカロリーを気にせず食べられます。

家にある昆布を切って保存し持ち歩けばいつでもどこでも口臭予防が出来ちゃいます。それが面倒ならおやつ昆布という商品が販売されているので、それを購入しても良いですね。

ただ注意したいのは、昆布にはヨードという成分が含まれており、これは新陳代謝を促進させてくれるのですが、甲状腺機能障害の人には悪い影響が出てしまうので注意してくださいね。

梅干し

この画像、見るだけで口の中に唾液が出てきませんか?口の中が乾燥している状態は口臭の原因になります。ですから唾液は口臭予防には欠かせないものです。

どうして梅干しを見たり食べたりすると唾液が出てくるのでしょうか?

人間はすっぱいものを見たり食べたりすると脳が信号を送り反射的に唾液が出てくるようになっています。レモンや酢の物など・・・考えると、もう口の中が大変です。
唾液が大量に出て口の中が潤うことで、口臭の原因となる細菌の繁殖を抑える効果があります。

梅干しに含まれるクエン酸も口の中の細菌の繁殖を抑える効果があり、また口腔内に残ったタンパク質を分解する働きがあります。梅干し自体にも口臭を予防する効果があるんですね。

また、熱が出た時っておかゆに梅干し・・・ですよね。
実は熱が出た時は口の中が乾燥しやすく、細菌が繁殖しやすい状態になっています。梅干しは唾液の分泌だけでなく、解熱作用もあるので、まさに一石二鳥。昔から食べられているのには意味があるんですね。

ただ、梅干しは塩分が高いので血圧が高い方や塩分管理をしなければいけない方は、食べすぎに注意してください。塩分控えめな梅干もあるので気になる方は低塩分のものを探してくださいね。

口臭予防におすすめの飲み物

口臭の原因の一つに口腔内の乾燥があるので、ここで欠かせないのが『水分補給』です。
口臭予防となる飲み物を紹介します。

お茶

お茶には強力な消臭効果があるのはよく聞きますよね。何の成分がそんなに強力な消臭力があるのでしょうか?

お茶の成分には「カテキン」と「フラボノイド」というものがあります。聞いたことありますよね。この二つの成分は消臭効果があります。フラボノイドはガムなどに使用されていますが、ほかにも部屋やトイレや車などの消臭剤にも使用されるほどです。なんかモヤッとしますが・・・。

また、お茶にはフッ素も含まれているので口臭の原因である虫歯予防にも最適です。

お茶を飲むことで口腔内のだけでなく、胃の中の消臭をしてくれ口臭を予防してくれます。食後に歯磨きが出来ない場合などは、お茶を飲むだけでなく口をゆすいだり、うがいをするだけでも口臭を予防してくれます。

牛乳

牛乳は胃に幕を張る意味で悪酔いを防ぐためにお酒を飲む前に飲むなんて方がいらっしゃると思いますが、口臭を予防する効果もあります。

料理でも、生臭さを消すために肉などつけこむ使い方がありますよね。では牛乳が消臭効果を発揮する食材はどんなものでしょう。

とりあえず、肉料理でしょうか。先ほどにも書いた通り生臭さを消すために使用するのでその効果は一般的に効果があると認められたものなのです。

またニオイがきつい食材、魚料理やにんにく、ニラなどにも効果を発揮します。牛乳に含まれるたんぱく質が臭いの成分でもあるアシリンを包み込み、臭いの放出を防いでくれるからなのです。にんにくやニラの臭いを抑えるなんてすごすぎるんですけど・・・。

でも、注意したいのは牛乳を飲むタイミング。牛乳が胃の中に膜を作ってニオイが吸収されるのを防ぐ必要があります。一番良いのは食べる直前や食事中に飲みましょう。食事中に牛乳ってのは合わないでしょうから、やっぱり直前ですね・・・。

しかし、これはあくまでも一時的な予防です。実は牛乳にも臭いの元となる成分が含まれているので出来るだけ早く歯磨きや歯間ブラシなどで口腔内の掃除を行ってくださいね。

まとめ

今回は手軽に口臭予防出来る食材を紹介しました。

昆布
梅干し
お茶
牛乳

家にあるもので悩みを解消できるのなら言う事ないですよね。
あなたのお悩みが少しでも減りますように・・・。

関連コンテンツ
健康 暮らし
スポンサーリンク
まるをフォローする
あなたに伝えたいこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました