お見舞いののし袋!裏側はどちらを上に持ってくる?

あそこのおじちゃん入院したみたいよ。

病院

田舎ならそんな事が耳に入ってきます。
そう言えば、義父母が入院した時に御見舞いもらってたな。

いつ入院したの?
ちょっと落ち着いてからお見舞いに行ってみよう。御見舞いを用意しとかなきゃね。

御見舞いなんてあまり包む機会がないからいざ包むときに固まってしまった。

裏側、どちらが上になればいいの?
赤白だから受ける?
でも祝い事じゃないから伏せる?

調べてみました。一緒に見ていきましょう♪

スポンサーリンク

御見舞いののし袋 気になる裏側は?

のし袋の決まりとして

慶事は下側が上になるように受ける
弔事は上側が上になるように伏せる

そう包むように決まっていますよね。

しかし、見舞いとなると正直言って慶事でも弔事でもない微妙な位置?(;´Д`)

悩む

入院と言っても、結構元気ですぐに退院できる状態の人もいれば、手術だとか病気が悪化して長期入院になる人もいるわけだし・・・。

では、早速回答を。
御見舞いは下側が上になるように受ける形(慶事)で包みます。

決してお祝い事ではありませんが、下から受ける事によって上昇する。病が早く全快しますようにと相手の健康を祈る形として慶事と同じように包みます。

スポンサーリンク

お見舞いの相場やお札は?

裏側のどちらが上か下かを悩んでいる人にとってはもうのし袋も決まっていると思いますが、一応(^_^)

御見舞い

水引:赤白の結び切り
のし:ない場合が多い(本来はあり)
表書き:「御見舞」
「御伺」(目上の人に贈るとき)
金額:5,000円~10,000円

※本来、赤白の水引にはのしを付ける物ですが、上の写真のようにのしがない物が多いです。地方によって、のしは「病気を延ばす」と言う意味にとらえられるため、のしはない方がよい。

赤白ののし袋のため、お金は新札の方がよいのではと思いがちですが、新札は準備して待っていたと、とらえられることもあるため、新札である必要はありません。

※御見舞いを包む際のふくさの色は、いくら赤白だと言っても御祝事ではないので、や紺色といった落ち着いた色のふくさに包みます。

まとめ

いかがでしたか?

本当につい最近御見舞いを持って行きました。後はどっちが上だ?と主人と話しました。

我が家は赤白だから受けるでいいんじゃない?なんて思ったけど、一応調べたのは包む前の御見舞いの祝儀袋。上の下手な写真ですね(笑)

きちんと、下側から受けていました。
そして、ふくさも迷ったので慶事、弔事どちらも大丈夫な紫色のふくさに包んで持って行きました。

そのおじちゃんも先日無事に退院して、
快気祝いをいただきましたよ(^_^)

コメント