子供の寝相!悪いのは当たり前?その理由とは?

暮らし

「僕、二段ベッドの上で寝たい( ´・ω・)」

Pezibear / Pixabay

少年団のソフトボールで合宿
あったのですが、そんな事を言い始めた
我が息子

「・・・冗談はやめてよね!」

普段、シングルの布団を二つ並べて寝ているのですが、
布団の上にいませんけど∑(゚Д゚ノ)ノ

それだけでなく、寝ているときに顔面かかと落とし
食らって、とっさに手を上げようと思った事も
あります( ;´д`)ゞ

どうして子供ってこんなに寝相が悪いの?
実は理由があったのです。

その理由とは・・・?
一緒に見ていきましょう♪

スポンサーリンク

子供の寝相が悪いのには原因がある?

突然むくっと座って何をするわけでもなく、またになる。
夢遊病なんじゃないかと思うほど動く我が子。

ん?動き回るのは寝相とは少し違う?
でも、クルクルと180度回ってて、足元にがあり
足に変なもしゃもしゃした物が当たり
飛び起きたりしません?(。´・ω・)?

寝相が悪いと言えば、ゴロゴロ・・・そう寝返りです。

この寝返りと言うのは、起きている間の神経
緊張した筋肉の疲れをほぐしていると言われています。

ですから、安心してください。動き回る方が
良いことなのです。

しかし、最近は色々なストレスを持っているからか、
寝相の良い子供が増えてまるで大人のように起きても
スッキリしないとか、疲れが取れないという話もあるそうです。

うちの子は大丈夫( *´艸`)

寝相が悪くなる時間帯がある?

寝相が悪くなる時間帯と言っても、毎日決まった時間と
言う事ではありません(;一_一)

By: dvs

睡眠中って眠りが浅いときと深いときがありますよね。
そう、よく聞く「レム睡眠」「ノンレム睡眠」です(^_^)

そして、睡眠中で寝返りが激しくなるのは「レム睡眠」時だと
言われています。

レム睡眠
大脳が働いていて夢を見たり外の音を感じたりできるが
筋肉は緊張がとけている状態。

このときに、赤ちゃんが夜泣きをしたり、
大人が金縛りにあったりします。

このレム睡眠とノンレム睡眠のサイクル
子どもは大人に比べて短いため、睡眠中の寝返りも
大人より多くなるのです。

レム睡眠からノンレム睡眠となり、
再びレム睡眠となるまで平均的

赤ちゃん  40~50分
2歳     75分
5歳     84分
大人    90分

と言われています。レム睡眠が短いサイクルでやってくる
赤ちゃんが夜泣きをするのは仕方がない事ですね。

子供が動きすぎて大丈夫かしら?って
思うかもしれませんが、サイクルが短いため
寝返りをうつ回数が増えているんですね。

子供の寝相が悪いのは分かったけど、
風邪体調を崩されると困るんですよね・・・

私だって気にせず眠りたいし←これが本音(笑)
と言うことで、みなさんはどうしているのでしょうか?

スポンサーリンク

子供の寝相対策

我が家は、冬場はフリース素材のパジャマ、
スリーパーで寝かせて、自分が起きた時に
布団に戻す。

夏場は風邪ひく事ないだろうと、パジャマで
タオルケットをお腹にかけるだけ。

壁際に大人が寝るようにして、布団から
はみ出ないように対策していました。

皆さんはどのように対策しているのか
調べてみました。

冬場
・腹巻やスリーパーを着せる
・オイルヒーターなどで室温を保つ
・敷布団からはみ出てしまうときは、
 床にジョイントマット+毛布を敷く
・布団はあきらめ、パジャマを変える
・パジャマはお腹が出ないタイプを着せる

夏場
・スイミングで使うループタオルを着せる
・夏用のガーゼのスリーパーを着せる
・タオルケットをお腹に巻き付ける

壁対策
・クッションを置く

スリーパーを使う方が多かったです。
今は、スリーパーもダウン(羽毛)の物も
出ているみたいですね(*´ω`*)

まとめ

いかがでしたか?

子供は寝相が悪いのが当たり前
寝相が悪い方が体に良いことをしている。

と思えば、少々かかと落としをくらっても
我慢・・・できない(笑)

早く1人で寝るようになればいい。
でも、それはそれで少し寂しい

お子さんと一緒に寝れる
満喫してくださいね(^_^)

コメント