介護認定の申請の流れとは?介護サービスを受けるまで!

脳梗塞で倒れた義父が入院中に看護師さんから「介護認定を受けてください」と言われました。

「はい」と答えるのがやっとだった私。そのとき、私は何を思ったでしょう。

介護認定?これから介護が始まるの?私、まだ30代で子育ても大変なのに!えーーーーっ!!と思ったのでした(本当)

私と同じように介護認定を受けなければならなくなったあなたのために・・・

介護認定の申請から介護サービスを受けるための流れを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

介護認定の申請をする場所は?

介護認定を受ける際に、申請をする窓口はお住まいの地域によって病院や薬局などでも出来るようです。

確実なのは市町村にある介護保険担当の窓口に行きましょう。私も、病院や薬局でできるのなんて知らなかったから市役所に直行でしたね。

申請時に必要なもの

要介護認定申請書(窓口、ホームページなどにあります)

介護保険被保険者証(※第2号被保険者で新規申請の場合は不要)

医療機関の診察券など主治医が分かるもの(診察券など)

印鑑(本人以外の方が申請に行く場合)

健康保険被保険者証(※第2号被保険者のみ)

※第2号被保険者:40歳~64歳 までの人で介護保険の対象となる特定疾患により介護が必要な人

介護保険被保険者証?正直なんじゃそりゃ?状態ですよ。病院の看護師さんに聞きましたよ。

「オレンジ色のものが届いているはずです。」って教えてくれましたよ。
※オレンジ色:住んでいる地域によって違うので注意です。

そのときは、一緒に住んでなくて、本人に聞いても「どこに置いたか分からない」とか言うものだから家捜しですよ。意外と簡単に見つかりホッとしましたわ(笑)

介護認定の申請は、本人が出来ない場合の方が多いはず。かなりの確率で代行申請が必要だと思います。当然、申請は本人でなければならないって事はないです。家族が行うケースがほとんどです。

だけど、近くに住んでないし。家族が申請しに行きにくい場合はどうすればいいの?

申請が出来にくい場合は、民生委員、医療機関のソーシャルワーカー、生活保護のケースワーカー、知人が代行として申請を行えます。知人って・・・要は誰でもOKって事ですね(笑)

介護認定の申請なんて簡単なもの。市役所に行って書類をチェックしてもらうと、あっと言う間に終わっちゃいましたよ。介護認定を申請すると訪問調査が行われます。

介護認定の訪問調査

要介護認定の申請を行うと、原則として1週間以内に訪問調査員の方がやってきます。

我が家の場合は、当時は入院中だったので病院に来て下さいました。
訪問調査員とか初めての言葉だし、どんな人が来るのかドキドキだったけど、優しそうなおばさんでしたね。

調査員の聞き取り内容

痴呆症状についての質問があります。
「今の時期は?」「今日は何月何日ですか?」など

身体状況についての質問があります。
「歩けますか?」「片足で立てますか?」「服は自分で着れますか?」など

他に現在の病気、薬の服用についても聞かれました。
特に、痴呆の方の申請を行う場合は、家族の立会いが必須だと思います。

調査員の聞き取り時間

平均40分程度です。原則として1回なのですが、調査員が再調査と必要と考えた場合は、再調査もあります。

スポンサーリンク

要介護認定の結果が出るまで

訪問調査が終わると、後は介護認定の結果が郵送で来るまで待つだけです。申請してから認定結果が出るまで約1ヶ月ほどかかります。

結果が出るまで、サービスは受けられないの?安心してください。認定結果が出る前でもサービスは受けられますよ。

ただし、費用は一旦全額負担ですが。認定後に介護給付が受けられます。自立なんて結果が出たときはお金は戻ってきませんから必要最小限のサービスを受けておきましょうね。

訪問調査のときに要介護者が頑張りすぎて認定が低い場合もあります。

先日「ビートたけしのTVタックル」で介護のことをやってました。阿川佐和子さんが言ってたんですよ。
「大竹さんみたいなおじいちゃんは、普段頑張らないのに頑張るんですよ」って。

主人と顔を見合わせて、うなずきましたね(笑)
本当にそう思います。たった40分程度のことで、この人の何が分かるんだ?って。

どうしても納得がいかない場合は、市区町村の担当窓口で、要介護認定の結果がどうしてそうなったのか理由を確かましょう。穏便に行きましょうね。

介護認定基準がどのように行われるのか分かりませんが、ちなみに我が家が出た認定結果はこんな感じでした。

脳梗塞で入院中:要介護3

年齢80歳

疾患は糖尿病(インスリン注射有)、慢性腎不全、脳梗塞麻痺(左)

身体状況は歩行は杖なしでは不可能 杖なしでの自立時間は数秒。

生活状況は食事は自分で可能 着替えは一部介助が必要

トイレはベッド横にポータブル

認知症状はなし

退院後、新規申請だったので6ヶ月後に更新が行われました。

こちら、普段頑張らないのに頑張った結果ですよ(苦笑)出来る出来るってね。

更新時(在宅介護)の認定結果:要介護1

年齢81歳

疾患は糖尿病(インスリン注射有)、慢性腎不全、脳梗塞麻痺(左)

身体状況は杖ありで歩行可能

生活状況は食事は自分で可能 着替えは一部介助が必要

トイレは自分で可能

認知症状はなし

食事制限、薬の管理などがありますが、在宅介護をしているからか介護認定にはそれほど重要視されないのかな?と思いました。

カロリー制限、塩分制限、カリウム制限など食事の制限で頑張っている私の苦労は介護認定には含まれないらしい。

少しでも参考になれば幸いです。
介護認定の結果が出たら、次にすることは・・・

担当ケアマネージャーを決めましょう

介護保健サービスを利用するためにはケアマネージャーを決めます。市町村の介護保険課や、地域包括支援センターなどでリストがもらえます。

ケアマネージャーの方が、介護サービスの計画(ケアプラン)を作ってくれます。デイケアやデイサービスとの連携なども行ってくれるので希望がある場合は、遠慮なく相談した方がいいでしょう。

ただし、デイサービスの利用などは要介護者本人の意向がありますので、なかなかスムーズにはいかない場合があります。

ちなみに我が家の場合は、デイサービスに行ってくれず利用開始まで1年以上かかりました(苦笑)

その間、自分に自由な時間が取れないストレスで、気が狂いそうになることが幾度となくありました。現在進行形ですが(笑)ケアマネージャーが要介護者と合わないときなどは、変更も可能です。

これから介護生活が始まるあなたへ

介護認定を受けて、これから介護生活が始まると思います。実は、要介護者よりも介護者の方の心のケアが大切です。

最初は、頑張ろうと思うかもしれませんが、その気持ちはかえって危険です。本当に大切なのは適度な手抜きです。

介護に終わりはあるけど、期限は分かりません。常に全力投球では、介護している側が持ちません。
デイサービスやデイケアなどを有効に利用して、あなたの介護生活が負担になり過ぎないことを願っています。

コメント