母の日のプレゼント!義母に初めて贈るならコレ!

結婚して初めて迎える母の日

mother1

ありがとうこれからもよろしくの気持ちと共にお義母さんプレゼントを贈りましょう。

さて、何を贈るかな?(;゚∀゚)

主人にお義母さんの好みを聞いたところで「何でもいいんじゃない?」とそっけない返事。
おいおい、こちらはそんな簡単な物じゃないんだってばヽ(`Д´)ノ
なんてったって、初めての母の日ですから!

良い嫁を演じるわけではないけど、気が利く子だとか、息子の嫁でよかったとか・・・いつもありがとうとか感謝の気持ちは伝えたい。

えっ、ちょっと邪心が入ってる?∑(゚◇゚ノ)ノ

どのような物が良いのか調べてみました。一緒に見て行きましょう。

スポンサーリンク

母の日のプレゼントはやっぱりお花

母の日=カーネーションですね。

mother2

えっ、それって定番過ぎじゃない?って思うかもしれませんが、最初は定番でいいんです。
お義母さんの好みとか分からないのならなお更定番の方がいいんです。

それに、母の日になぜカーネーションを贈るのかを知れば「やっぱりカーネーションでしょ」ってなりますよ(*゚ー゚*)

始まりは、

1907年、アメリカに住むアンナ・ジャービスという女性が、亡くなった母の追悼式に、母の好きだった白いカーネーションを祭壇に捧げたことから始まりました。

彼女はその後、「母の日」創立を熱心に提唱しつづけ、1914年、ウイルソン大統領によって5月の第2日曜日が正式な「母の日」になったのです。

母の日の歴史は今年ちょうど100年
なんだか特別な感じがしますね(*゚ー゚*)

もし、ジャービスさんがカーネーションを飾っていなければ母の日はなかったかもしれません。

カーネーションにもたくさんのがありますね。
色によって花言葉も違うの知ってます?

お花大好きのお義母さんに贈る場合、ちょっと注意が必要です。
好きな色だから、きれいだからと選べないですよ(;゚∀゚)

カーネーションの花言葉

カーネーション自体の花言葉
「女性の愛」「感覚」「感動」「純粋な愛情」

  •  「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」「哀れみ」
  • 濃赤 「私の心に哀しみを」
  •  「軽蔑」「嫉妬」
  •  「私の愛情は生きている」「愛の拒絶」
  • ピンク 「熱愛」「気品」「あたたかい心」
  • 青・ムーンダスト 「永遠の幸福」
  • オレンジ 「純粋な愛」「あなたを熱愛します」
  • 見てみると、やはり赤いカーネーションがいいですね。ピンクも良さそうです。
    間違っても黄色濃赤はやめておきましょうね。

    では、プレゼントはどうやって渡すのがいいのでしょうか?

    スポンサーリンク

    母の日のプレゼントはやっぱり手渡し?

    mother3

    プレゼントを渡すのはやっぱり手渡しが良いでしょう。

    結婚して初めての母の日。
    この「初めて」と言う言葉、かなり重要だと思うんです。
    何事も最初が肝心ですよね。

    飛行機や新幹線に乗らなきゃいけないほど遠いのなら、無理ですが(;-ω-)ゞ
    遠方の場合は、GWなどを利用しましょう。

    「少し早いのですが、直接渡した方が良いと思ったので」と言って渡してみてはいかがでしょう。

    当然、プレゼントを渡すのはご主人の手から。
    時と場合によりますが、渡す直前まで自分が持っていて「はい」と主人に渡すのです。

    母の日だけでなく、色んな場面で私はそうやってますヽ(´ー`)ノ

    また、郵送しか出来ないって方は、連名またはご主人の名前で贈りましょう。
    自分の息子を立ててくれると言うのは、母としては嬉しいものです。

    ちょっとした気遣いが出来るのは大切なことですよ。

    最後に

    いかがでしたか?

    主人に相談したところで、そっけない返事や「気を遣わなくても大丈夫」なんて言葉をかけられるかもしれません。
    しかし、結婚して初めて迎える母の日です。

    実の母ならともかく、義母です。
    今後の長いお付き合いがスムーズに行くよう、しっかりとしておきましょう。

    初めての父の日も忘れちゃダメですよ(*゚ー゚*)

    コメント