香典の中袋!失礼のない書き方は? – あなたに伝えたいこと

香典の中袋!失礼のない書き方は?

訃報の回覧板が回って来ました。
葬儀があるから香典を用意しなくては

koden_s

不祝儀袋の表に「御香典」「名前」を
書きました。

お金を入れようと袋を開けてみると、
あっ、中袋がある。

中袋の書き方ってどう書くんだろう?

葬儀は、たくさん経験はしたくない事ですが、
お付き合いは大切です。

失礼のないようにマナーはしっかりと
身に着けておきたいものです。

普段書き慣れないでの文字、しかも
金額って難しい文字を使うのでは(;´Д`)

簡単に書いちゃいけないの?
郵便番号は?住所は?
どう書けばいいの~?・゚・(*ノДノ)・゚・

そんなあなたのために失礼のない
香典の中袋の書き方を調べました。

では、一緒に見て行きましょう。

早速、香典の中袋の書き方を見ていきましょう( *´艸`)

スポンサーリンク
ad336-280

香典の中袋の表書き

に金額を書きましょう。

NCM_0408

(画像、暗いですね(;゚∀゚)

上の画像で気になることはありますか?

筆は薄墨でないといけないの?

いい質問ですねヽ(´∀`)ノ

まず、香典袋の表書きは薄墨
書くことが多いですよね。
これには、二つの説があります。

一つ目は、
昔は墨と筆でその都度摺っていました。
しかし、突然の訃報で摺る時間がなく
「十分に摺る時間がなかったので薄墨のまま書いた」
ことから、薄墨で書く習慣が出来た説。

二つ目は、
悲しみのあまり涙で墨が薄くなったという説。

この二つの説から、香典袋の表書きを
薄墨で書いたのに、中袋が濃い墨だとおかしく
なりますね。

表書きを薄墨で書いたのなら、中袋の金額も
薄墨
で書くべきです。

もちろん濃い墨で書いたのなら、中袋も濃い墨で
書きましょう。

と言うことは、香典の表書きは濃い墨でも大丈夫なの?

はい、京都は濃い墨を使うのが一般的です。
そもそも、薄墨で書かなければいけないというのは
誤りで薄墨でも大丈夫ですよと言う意味です。

ですから、不祝儀袋は全て薄墨でないといけないと
言うことはなく、四十九日年忌法要などは
前持って準備が出来ると言うことで薄墨でなくてもOK。

はい、次何かありますか?

「也」って必要ないの?

fuan_s

はい、これまたいい質問です(*´ー`)ノ

「也=です」と言う意味を表し、
「これでちょうどで端数はありません」と言う意味です。

現在では円以下の位がないので、本来は「也」を付ける
理由はないのですが、習慣として記載しても
しなくても大丈夫です。

しかし、「也」は10万円を超える場合に書くと
説明している方もいらっしゃるので、
10万円を超える場合に付ければ良いかと思います。

そうなると、我が家ではよほどの事がない限り、
「也」は必要ないような気がします・・・

スポンサーリンク

金額の書き方

さて、次は普段書き慣れない縦書き
金額の書き方について見てみましょう。

よく包まれるのはこちらでしょうか?

(略式):(正式)
金五千円:金伍阡圓
金一万円:金壱萬圓
金二万円:金弐萬圓
金三万円:金参萬圓
金五万円:金伍萬圓
金十万円:金壱拾萬圓(金拾萬圓)

円 → 圓(円でも可)

ちなみに
一・二・三・四・五・六・七・八・九・十・百・千は、
壱・弐・参・肆・伍・陸・漆・捌・玖・拾・佰・仟です。

※四と九についてはご祝儀、香典ともに
使わないのが通例です。

こんな難しい字を筆で書いてたら
潰れてしまうよって感じですよね。

安心して下さい。
略式で書いても大丈夫ですよ。

ただ注意したいのが、一、二、三、十の漢数字。
線を足す事で、数字を変える事が出来るんです。

これらの文字は改竄出来てしまうので
会計」「登記」「戸籍」では漢数字で
書かないようにと法律で決まっているんです。

改竄できないように使われるこれらの漢字を
大字(だいじ)と呼びます。

略式でも大丈夫ですが、改竄が気になる方は
大字を使って書きましょう。
疑っているわけではないんですが・・・(;-ω-)ゞ

中袋の裏書き

表の金額は書けましたか?
では裏側の住所と氏名を書いていきましょう。

裏側の住所の欄もやっぱり筆で書くべき?

中袋には住所氏名金額を書く欄があるものも
あります。

小さな枠の中に慣れない筆ペンで書くには
潰れてしまうかも(;´Д`)

と思うのは私だけではないはず。

正式にはで書くことが良いのですが、
住所や氏名などで一番重要なのは正確な事です。

だから、ペンでも大丈夫です。
ただし、ボールペンは避けた方が良いと思います。

私の地域の葬儀場の受付には筆ペンとペンは
置かれていますが、ボールペンを置いている所を私は
見たことがありません。

でも、表書きも中袋の表の金額も薄墨で書いたし、
やっぱり揃えたいと思われる方は、

細字タイプのしかもツインタイプの物を
一つ用意しておけばどちらでも対応できますね。

しっかりと番地まで楷書で丁寧に書いてくださいね。
縦書きの場合の番地は、もちろん漢数字で書きましょう。

さて、裏にも金額の欄があります。

縦書きなら、先程の金額の書き方のように
漢数字もしくは大字を使って書きましょう。

中袋によっては、横書きの場合もあるんですよね。
さて、横書きの場合はどう書けばいいのでしょうか?

横書きの場合はアラビア数字を使いましょう。
アラビア数字?

例えば、一万円なら普通に10,000円
書けばいいのです。

最後に

いかがでしたか?

香典中袋は、受付を経験した人からすると
なくても良いと言われます。

私が住んでいる地域では受付の人が香典の中まで
チェックをすることはありません。

ですから、香典の金額香典帳に控えるのは
喪家の作業です。

金額が書かれていない香典袋から出したけど、
いくら入っていたか分からなくなると言った可能性も
あると言う事です。

包むお金に住所や氏名、金額など書くのは気が引ける
思っていたのですが、実際に自分が整理する立場になると
住所や金額を書いてもらったほうが助かるのです。

郵便番号から番地まで調べるのは大変でした(;´Д`)

香典返し」のためのリストを作るために書いておくのが
親切であり礼儀だと思います。

スポンサーリンク
ad336-280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください