フケの原因とは!子供の場合の治し方とは?

うちの子、フケがすごいのよ~。

毎日シャンプーしているのに、どうしてこんなにフケが出てくるのかしら・・・。
うちなんて、大きなよ。どうしようかと思っちゃうわ。
など、子供のフケが多くて困っている親御さんは多いのではないでしょうか?

分かります、分かります。そう、ご多分にもれず我が家の息子も以前フケで悩んでいたもので。パッパと手で払おうものなら、チリのようなフケがとめどなく出てくる。本気で掃除機で吸い取ろうかと思ったこともありますよ。

制服は黒や紺など色が濃いので、肩に落ちているフケは良く目立ち、不潔に感じます。何より子供は残酷です。直球で物を言いますからね。心無い言葉で傷つくことも考えられるので深刻です。

フケとひとくくりにしてしまいがちですが、実はフケには二種類あるんです。当然、種類によって原因も違い、対処法も違ってきます。

お子さんのフケはどちらの種類か見てみましょう。

スポンサーリンク

フケが出る子供の原因はどちら?

フケには乾性フケと脂性フケの二種類が存在します。

この文字を見れば想像が付きますね(苦笑)
なんとなく分かるような気もしますが・・・説明します。

乾性フケは頭皮の乾燥が原因です。
頭皮は乾燥して痒そう。乾燥肌の人に多く見られるタイプです。特に冬は激しくなり、フケ自体は細かいものです。

ちなみに、我が家の息子はこちらの乾性フケのタイプ。乾燥性敏感肌・・・そうアトピーですからね。

脂性フケは皮脂分泌の過剰が原因です。
子供は大人と違い新陳代謝が活発です。頭皮の皮脂分泌が多く、きれいに洗えてない頭皮に雑菌が増えて出てくるタイプです。

頭皮にべったりとはりついていて頭皮を掻くと大きな塊となって落ちてきます。やっぱりって感じでしたか?(笑)

次は、お子さんのフケはどちらなのか見極めてみましょう。

フケの種類の見極め方

先ほどの二種類のフケ、原因が違うということは治し方も変わってくるんです。

でも、我が家は乾性フケだわ。と思っていても、かさぶたがボロッと剥がれ落ちてきたら?これはかさぶただからフケとは違うよね?でも、どっちだろう?なんて事になっちゃいます。

きちんと見極めて正しい治療をしてあげましょう。とっても簡単な見極め方を紹介しますね。

洗髪後の3時間から1日ほど経過した頭皮を見てみます。美容院やデパートで頭皮を見てもらうのが確実です。と言われて、美容院に行きましょうなんて家庭がどのくらいあることやら。我が家は絶対に行きませんね(笑)

正直、頭皮の水分チェックなんて親である自分が受けるのも恥ずかしいのに、子供がすんなり行くわけないじゃないですか。

家にある物で出来る手軽な方法は、あぶらとり紙を使います。頭皮にあぶらとり紙を当てて見ましょう。

あらやだ、べったりしてる。と思っても、子供は比較的脂が多めです。兄弟がいたら比較されることをおすすめします。

子供のフケの原因が分かったら、どうやって治すか?これもまた多分、なんとなくイメージがわくと思うのですが治し方を紹介させていただきましょう。

スポンサーリンク

乾性フケの子供の治し方

洗いすぎないようにする

頭皮の乾燥が原因なので、シャンプーでの過度な洗髪はやめましょう。

何日に1回など症状によって変わってきますが、毎日シャンプーする必要はありません。一番大切なことは頭皮を乾燥から守ることです。

シャンプーの見直し

シャンプーに「ラウリル硫酸ナトリウム」という合成界面活性剤が含まれるものは、洗浄力が強いので注意が必要です。

指定成分といわれるほどですから、乾燥して傷になっている頭皮に使うのは怖い気もします。

頭皮の保湿

頭皮の乾燥にはローションなどで保湿をしてもいいかもしれません。その場合、酸化しにくい「椿油」などがおすすめです。

洗い過ぎないようにとか、当たり前じゃない。って思ったでしょ(笑)

でも、我が家の息子の場合、洗わないようにしたら本当にフケがおさまったんです。今でもシャンプーは使わず、お湯だけで洗い流してます。お湯シャンって言うんですってね。

とりあえず、かさぶたなど傷がある頭皮には、洗剤を使わないという選択もありだと思いますよ。

脂性フケの治し方

余分な皮脂は洗い流す

子供の場合、シャンプーは泡立てない、頭皮なんて優しくどころか、爪を立ててガリガリ洗う。えっ、もう洗ったの?と思うほど簡単に洗います。当然、すすぎも簡単に済ませる場合があります。

頭皮をもむように洗い、すすぎにはたっぷり時間をかけましょう。うまく洗えないお子さんには、お母さんが洗ってあげでください。

親子のスキンシップにもいいですよね。中学生とか高校生のお子さんになったら別ですが(苦笑)

バランスの摂れた食生活

過剰な皮脂分泌を抑えるためには、甘いもの、油っこい食事を控えましょう。現在は、スナック菓子や外食やコンビニなどの食事は、脂肪や糖分がたくさん含まれています。

耳にたこが出来るほど聞く言葉で、申し訳ないのですが和食中心でたくさんの野菜を摂る食事をしましょう。

どうしても治らない場合は専門の病院へ

脂性フケの場合は、脂漏性皮膚炎など皮膚疾患の可能性があります。

大量のフケ、頭皮のかゆみなど症状が出た場合は、専門の病院で診てもらうことをおすすめします。

子供の場合の脂性フケは、シャンプーの仕方しだいでかなり改善されるらしいですよ。

シャンプーの原液をべったりと頭皮につけるのを見ているとそりゃ、頭皮も泣いてるわ。こりゃいかん。危険信号ださなきゃってフケも出すわって感じですよね。

我が家でも使っていたのが、泡で出てくるタイプのシャンプー。泡立ての必要もないし、子供にはいいと思いますよ。

食生活の見直しについては、何の病気であれ絶対に耳にする言葉ですよ。分かってるけど、出来てない(笑)

では、髪に重点を置いた食生活の見直しには、どういった食品を摂取すればいいのでしょうか?

フケの改善に役立つビタミン食材

髪を健康にするビタミンは、ビタミンB2、B6、B12、A、E
特に、ビタミンB2は「美容ビタミン」と呼ばれるもので、不足すると肌荒れや髪のトラブルの原因になります。
多く含まれる食材:レバー、カレイ、牛乳、納豆、卵、ヨーグルトなど

ビタミンAは免疫機能を維持する働きがあり、不足すると肌がかさついたり、消化管の吸収能力が低下します。
多く含まれる食材:レバー、うなぎ、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草など

この食材を見る限り、髪だけでなく健康にも良さそうですけどね(笑)

まとめ

子供のフケを改善するためには、子供のフケのタイプをきちんと見極めたうえでそれぞれに合った対応をしていきましょう。

お母さんがしなければいけないことは意外と多い。フケが改善するかどうかがお母さんの腕にかかってるじゃないの。

でも、母さん頑張って!!
子供さんのフケが早く改善されることを願っています。

コメント