正座でしびれない方法!?長時間でもすっと立って歩きたい! – あなたに伝えたいこと

正座でしびれない方法!?長時間でもすっと立って歩きたい!

半年先の法事の事で悩んでいるんです、私。

法事と言えば、長時間の正座
そうです。足のしびれが気になって気になって( ;´Д`)

正座

後ろの方でこそっと座りたいのに
おばさま達には「早く、前に。」と
絶対言われる(ノ_・、)

お坊さんは途中で
楽な姿勢で・・・」と言ってくれるけど、
一番前で足を崩すわけにもいかない。

しかし、当家である以上、拝むのが終わったら
お坊さんへのお茶出し、皆さんがお墓へお参りに行く
準備をササッとしなければいけない。

実は私、お坊さんにお茶を出そうと思ったら
あまりのしびれに動けず後ろに座っていたお義姉さんに
動けない・・・お茶をお願い・・・。」と
言った事があるんです( ;´д`)ゞ

そんな事もあり今から憂鬱なのです。

法事だけでなく、お葬式座敷でのお食事会など
さまざまなシーンで正座をする機会がありますよね。

そこで、長時間正座をしても
しびれにくい座り方を調べてみて
実際に検証してみました。

では、一緒に見ていきましょう♪

スポンサーリンク
ad336-280

長時間の正座でも足をしびれにくくするコツ

血管が圧迫されてしびれが起こっているのですから、
いくら正座慣れしている人でも、全く足がしびれない
言う人はいません。

長時間の正座でもしびれにくいと書かれていたものについて
試してみました( ;´д`)ゞ

かかとは開く(閉じる)

少し重心をにする

足の親指を少し重ねる

膝頭を少し開く

前後左右に体の重心を移動させる

座布団を使う

では、一つ一つ見ていきましょう。

かかとは開く?かかとは閉じる?

ネットで調べていると、
二つの意見が出てきました。

かかとは開いて座る方がしびれにくい。
かかとは閉じて座る方がしびれにくい。

開いて座る方がしびれにくいと
書かれていることが多いです。

しかし、正しい正座と言うのは、
かかとを閉じて座るのです。

正しくない正座をしていると、O脚骨盤のゆがみ
原因になります。

実際に私もかかとを開いた場合と、かかとを閉じた場合の
正座をしてみました。

私は猫背O脚なので、かかとを閉じて座るのは
苦痛でした( ;´д`)ゞ
でも、かかとを閉じた方が自然と背筋が伸びて姿勢
きれいなんですよね。

かかとを開いたら、おばあちゃんのような猫背になって
姿勢が悪くなります。

同じ時間正座をしてみました。

足の裏の色は、かなり違いました。
かかとを開いた方は紫色になっていて、
閉じた方はそこまで紫色になっていません。

血流が悪いのがよくわかります( ;´д`)ゞ

立ってみます。
すると、かかとを閉じて座ってた方が
足の感覚が残っていて、スムーズに動けました。

私の問題は、足首が硬い事かもしれません。
かかとを閉じると足首が伸びるのですが、
それが痛くて痛くて・・・。
足首が柔らかいと痛みはないかもしれませんね。

スポンサーリンク

少し重心を前にする

かかと、足の甲に体重をかけない事。
と書かれていますが、絶対に無理(笑)

気持ち的に、お尻を後ろに突き出して、
太ももの半分の位置に体を持って行く感じに
座ると重心が前にいきます。

背筋がピンと伸びます。
猫背の私にとっては、こちらの体勢を維持する方が
きついかも( ;´д`)ゞ

足の親指を少し重ねる?重ねない?

足の親指を重ねるぐらいがしびれにくいです。
と言われています。

足の指

しかし、親指を重ねるとO脚の原因になります。
また、足の親指を重ねることでかかとが開きやすく
なってしまいます。
正しい正座をするためには、親指は重ねない方が
良さそうです。

昔は上にする方の足は男性は左、女性は右となっていた
みたいです。今はありません。
なぜ性別で分けるのでしょう?(;´Д`)

膝頭を少し開ける

膝頭を少し開けるとしびれにくくなります。
あまり開けなくても少し離れているだけで十分です。

前後左右に体の重心を移動させる

重心を移動させるとしびれにくくなります。
これは、しびれてしまった時の対処法ですよね。

と言っても、前の席の方で左右に揺れていたら
しびれているのがバレバレですよね(;´Д`)

座布団を使う

座布団を使うと、足がしびれにくくなります。
どのような座布団がよいのかと言いますと、
あまりやわらかすきる座布団より少しかたい方が
しびれにくいです。

座布団

少し足の指先を座布団から出すように座ると
しびれにくくなります。

実は、この方法を意識しながら正座をして
この記事を書いています。

少しだけ、自分にとってしびれにくい姿勢が
分かってきたような気がします。

もちろん、慣れも必要ですが、自分が
どのくらいの時間までならすぐ立てるか?」と
言うことを知っておいた方が、転んでけがをする事も
ないと思います。

まとめ

いかがでしたか?

私は中学生の頃、宿題を忘れて授業中
床へ正座をさせられた事があります(笑)

しかし、その頃は正座に慣れていたせいもあり
45分間ずっと正座をしていても全然平気
だったんですよね。

やはり正座慣れもあります。

昔は和室での生活で正座をする機会
多かったのが、最近は椅子に座る生活が多くなり、
長時間正座が出来なくなったというのも
よくある事です。

正座は見た目もとてもきれいな姿勢です。
日頃から意識して正座
しましょう。

いざという時に憂鬱にならずに済みますよ(*´∀`*)
私も半年後の法事のために今から
特訓します(笑)

スポンサーリンク
ad336-280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です