脳梗塞の前兆!症状は人によって全然違う! – あなたに伝えたいこと

脳梗塞の前兆!症状は人によって全然違う!

脳梗塞の前兆って、今回の記事は
見る人が少なくいて欲しい内容です(;´Д`)

しかし、私の実の祖父、父、そして義父も
脳梗塞で倒れています

脳梗塞の前兆とひとくくりにしても
初期症状は全員違ったし、その後も
全然違うんですね。

今回は我が家の実体験を基に前兆について
調べてみました。

脳梗塞はより早い治療必要とします。
見逃さないように、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク
ad336-280

脳梗塞の前触れ?我が家の初期症状は?

脳梗塞の前兆と言われても、人によってというか
詰まるところによって違うんですね。

nayami

では、我が家が経験した症状を紹介します。

■まず、祖父の場合、
倒れる前に、足の裏に違和感を感じたらしく、
を踏んでいるような感じがする」と
母親に言っていました。

それが脳梗塞の前兆だと気付かず、数日後
倒れて半身不随となり、寝たきりの生活
なりました。

言語障害も出て、を出す事は出来るのですが、
こちらが聞き取ることが出来ず、祖父ももどかしかった
と思います。

右半身が不随となったので、詰まった場所は
脳の左側です。

実父の場合、よだれを垂らし、も上手く
書けなくなりました。病院に連れていき、
脳梗塞と診断され、すぐに治療を開始。

現在は、少し足が上がりにくいみたいですが
普通の生活を送っています。

右手が書きにくくなったので、
詰まった場所は祖父と同様に脳の左側です。

義父の場合、数日前に手足のしびれ
言って来ました。一過性のものだったので、
様子を見ていました。

数日後、自力起き上がることが出来なくなって
病院に行き脳梗塞と診断されました。

3週間の入院で、をつきながら自力で
歩行できるまで回復。現在に至ります。

義父の場合は、脳の右側が詰まったので
左手足に力が入らないという後遺症
残っています。

みんながみんな一緒の前兆があるのなら
分かりやすいのですが、我が家はみんな違いました。

そして、祖父の場合は倒れてしまってから病院に
連れて行ったので、脳梗塞もかなり進行していて
後遺症も激しかったです。

他にはどのような症状があるのでしょうか?

スポンサーリンク

脳梗塞の前兆にはどんな症状がある?

hand

我が家の場合は、

・片方の足の裏の違和感

・よだれ、手の脱力感

・片方の手足のしびれ

でしたが、他にはどのような症状が
あるのでしょうか?

・めまいがしてまっすぐに歩けない

・疲れやすい

・経験したことのない激しい頭痛

・物忘れ

・ろれつが回らない

・人が話していることが理解できない

・物が二重に見える、見えにくくなる

などがあります。

疲れやすい物忘れ物が見えにくいなどは、
特に高齢の方になると普通の生活の中である
事なので見逃さないよう注意が必要ですね(・_・;)

では、見逃さないためにチェックをして
いきましょう。

気になる症状が出たら脳梗塞の前兆チェック

check

一過性の物だと、少し様子を見てみようと
思う方は多いと思います。

実際に私の母も、私自身もそうでしたから。

しかし、脳梗塞の治療は早ければ早いほど
後遺症が残らず、軽く済みます。

アメリカにFAST(ファスト)という
簡単にチェックができる方法があります。

もしかして?と思ったときは、以下のチェックを
してみてください。

Face(フェイス)
顔面麻痺のチェックをします。
口角を引き上げ「イー」と言います。

片側の口角があがらない、左右で下がり方
違うなどの症状が現れます。

Arm(アーム)
の麻痺の疑いをチェックします。
目を閉じて、手のひらを上向きにして
前ならえをします。

片腕が上がらない、または片方が
下がってくるなどの症状が現れます。

Speech(スピーチ)
言語麻痺の疑いをチェックします。
短い簡単な文章を、声にだして確認します。

「今日は天気が良いですね」
「私の名前は○○です」
など。

もちろん、上のようなものでなくても、
何でもいいのですが、「はい」「いいえ」
答えられるものではなく、答えが文章になるような
を投げかけた方が分かりやすいです。

住所など聞くのもいいかもしれませんね。

Time(タイム)
以上の3つ(FAS)のテストを行って、どれかに該当していたら、
病院に行かないといけない時(time)です。

一分でも早く救急車を呼ぶか、付き添ってもらって
病院に行って下さい。

ちなみに、実父の場合は救急車で行かなかったため、
診察時間がかかる」と言われましたが、
母が「救急で!」と頼みました。

病院側は「お金がかかりますよ」と言ったみたいですが、
見るからに歩き方もおかしかったので、これはまずいと
思った病院の方が「を上げて」と。

上がらなかったのですぐに治療となりました。

まとめ

いかがでしたか?
脳梗塞の前兆は、分かりにくいです。

特に一過性のものは、放置してしまいがちですが、
一過性の時に治療をすることで、後遺症も残らなかったり
長期の入院もしなくて済む場合があります。

もしかして?と思ったら、FASTテスト
チェックしてみてください。

スポンサーリンク
ad336-280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です