酒を飲むとだるい!体が発しているシグナルとは? – あなたに伝えたいこと

酒を飲むとだるい!体が発しているシグナルとは?

先日、久しぶりに晩酌をしました(^^♪

a0002_011085

自分的にはほろ酔い気分がよくなって、
良く眠れる・・・はずだったのです(;´Д`)

梅酒ロックとか飲んでいるので
お酒弱い方ではないのですが、
お酒を飲むと体に異変が。

お酒を飲んで数時間すると、
太ももからお尻にかけて
つったような痛みだるさが。

その日は、日中普段しない動きをしたので、
体が疲労しているんだろうなと思って寝ました。

次の日、少しだけひきつった感じはあるものの、
普通に過ごしているとそんな症状も消え、
普段の生活に戻りました。

凝りもせず、その日の夜も梅酒を飲んだのです。
すると、やっぱりふくらはぎから
太もも
にかけてだるさが・・・

しかも、寝るのが苦痛なほど。
お酒って適量なら体にいいんじゃ
ないの?

ちょっと調べてみると同じような症状
悩んでいる人がかなりいることに驚き(;´Д`)

何か体に悪いところがあるのでしょうか?
調べてみたので一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク
ad336-280

お酒を飲むとだるくなる原因は?

お酒は飲み方さえ気を付ければ
酒は百薬の長=酒はどんな良薬よりも勝る」と
言われます。

それなのに、飲んで数時間すると体に異変
起こると言う事は酒が体に合っていない
いう事なのでしょうか?

お酒を飲むと体がだるくなるのは

  • 脱水症状、頻尿
  • 低血糖症
  • アセトアルデヒド
  • 主にこの三つが挙げられます。
    では、一つ一つを見ていきましょう。

    体のだるさが脱水症状や頻尿が原因の場合

    アルコールには利尿作用があることは
    ご存知ですよね。でもその分、お酒で水分を
    補給してるじゃん。なんて思ってませんか?(・_・;)

    water

    実際にはアルコール50g600~1000ml
    水分が失われています。

    アルコール50gはどれくらいかと言うと、
    ビールで言うと500mlを2本、
    焼酎ロックで言うと180mlです。

    ビールよりもアルコール度数が高ければ高いほど、
    体の水分が失われて脱水症状になり
    体がだるくなるのです。

    私、まさしくこれだったのかも。
    梅酒はロックで飲んでたし、普段も水分
    あまり摂らないから(;´Д`)

    ロックで飲むよりも水割り
    飲んだりする方がだるさも軽減されると
    言うわけですね(^_-)-☆

    体のだるさが低血糖症が原因の場合

    低血糖なんて糖尿病じゃないのに・・・
    なんて思っていませんか?(・_・;)

    a1400_000320

    体に入ったアルコールはどこの臓器に行くか
    大体わかりますよね。

    そう肝臓です。
    肝臓は無言の臓器と言われ、ただ何も言わず
    働いてくれています。

    もう口を開けば愚痴ばかりの私、見習いたいわ(笑)

    まっ、そんな事は置いといて、働き者の肝臓は
    体の中に入ってきたアルコールを必至で
    分解してくれているんですね。

    でも、肝臓の働きはアルコールを分解するだけでは
    ないんです。

    肝臓の働きは、食べ物から摂った
    タンパク質脂肪を体内で
    使える形に変えて貯蔵して、必要なときに
    エネルギーのもととして供給します。

    しかし、体内にアルコールが入ってくると
    アルコールを分解する方を優先
    させてしまいます。

    肝臓の糖(グリコーゲン)貯蔵量は、
    エネルギー量にして300~400kcal程度。

    満タンにあったとしても、約8時間
    空っぽになります。

    には1時間に6gの糖分
    必要となります。

    脳には糖分を貯蔵する場所がないので、
    肝臓に貯蔵してある糖分を供給します。

    すると貯蔵してあった糖はどんどん失われ、
    糖が不足することになってしまうのです。

    スポンサーリンク

    体のだるさがアセトアルデヒドが原因の場合

    これは、アセトアルデヒド脱水素酵素
    活性や分泌が弱いことが原因です。

    と言われてもさっぱりですよね(;´Д`)
    肝臓に送られたアルコールは次のように
    分解されます。

    アルコール→アセトアルデヒド→酢酸→水と二酸化炭素

    アルコールをアセトアルデヒドに分解するのが
    アルコール脱水素酵素(ADH)

    アセトアルデヒドを酢酸に分解するのが
    アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)

    酢酸を水と二酸化炭素に分解するのが
    アセチルCoA合成酵素

    アセトアルデヒドと言うのは
    悪酔いの原因物質」と言われ、
    これが体内にたまると顔が赤くなったり
    気分が悪くなったりします。

    いかに早く分解するかが重要になってきます。

    このアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)は、
    アセトアルデヒドが高濃度にならないと
    働かない「ALDH1

    アセトアルデヒドが低濃度の時に働く
    ALDH2」があります。

    アセトアルデヒドを分解するときに主に働くのは
    ALDH2で、これは生まれつき遺伝により
    決まります。

    dna

    父と母がお酒が弱い人を1(基準)とすると、
    父と母のどちらかがお酒に強いと4~6倍
    父と母がお酒が強いと20~30倍

    分解する能力が違ってきます。

    しかし、日本人はこのアセトアルデヒドを分解する
    脱水素酵素(ALDH)の働きが弱い人が45%
    全く働かない人が5%程度存在すると
    言われています。

    お酒に強いや弱いというのは、遺伝によるんですね。
    我が家は父母ともに強くない。

    でも、梅酒ロックを飲みまくってる私。
    両祖父がお酒に強いから隔世遺伝なのかな?(笑)

    とにかく自分の適性を知って飲酒を
    することが大切ですね。

    まとめ

    いかがでしたか?

    お酒を飲むとだるくなる人
    たくさんいるようです。

    しかも、だるさが現れる場所も私のように
    の人もいれば肩や背中、腰の人も
    います。

    しかし、体のだるさの原因がわかれば、
    楽しく飲めますよね。
    とは言っても飲みすぎは禁物

    体に負担のないように適量
    楽しみましょう。

    では、楽しいお酒ライフを♪

    スポンサーリンク
    ad336-280
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です